港南区で整体・カイロをお探しなら、カイロプラクティック ケアセンターへ

トップ >  症例 > 部位別症例 > 肩関節の脱臼・亜脱臼

肩関節の脱臼・亜脱臼

症状

肩関節は様々な動きをする為、同時に肩関節の不安定性を持ち合わせています。投球動作のような腕が肩より上方にあがり、振りかぶった姿勢の時に特に大きな力やストレスが肩にかかることで脱臼はよく起こります。その殆どは上腕骨が前方にズレる前方脱臼と言われています。

脱臼と亜脱臼の違い

脱臼は完全に関節の接地面がズレた状態、異常に肩が落ちた状態が見られます、症状が起きたときから強い痛みがあります。亜脱臼とは一部関節の接地面が残っている状態をいい、肩の位置が通常と変わらないように見えますが、少しでも動かそうとすると痛みを伴います。

治療

ただちにアイシングと圧迫、固定(肩関節に対して)をしてすぐに専門医の診察を受けるようにして下さい。一度肩関節の脱臼を起こすと8割以上が再発するといわれ、関節が不安定になっていきます。カイロプラクティック治療は、関節のズレが治ってから行うことになります。肩関節周囲の組織に対して炎症を取り除く治療や、筋肉群の強化、再教育を行います。保存的治療が望ましいですが、重度の場合は手術療法をおこなうこともあります。

アクセス

〒233-0015 横浜市港南区日限山2-1-33 日限山開成ビル3F

《最寄駅までの路線図》
【横浜市営地下鉄】
戸塚=舞岡=下永谷=上永谷=港南中央=上大岡

【神奈中バス】
上永谷駅=丸山台=丸山台中学校前=日限山

【江ノ電バス】
戸塚駅=東戸塚小学校入口=吉田町=日立和敬寮前=熊の堂=道岐橋=桜堂=スポーツ公園前=日限山=丸山台中学校前=丸山台=上永谷駅

診療時間

平日 9:00~19:00
土曜日 9:00~17:00
祝日 9:00~14:00
定休日:日曜日・年末年始

↑ PAGE TOP