港南区で整体・カイロをお探しなら、カイロプラクティック ケアセンターへ

トップ >  症例 > 患者さんの声

患者さんの声

患者さんの声

ここでは患者さんに協力いただいた当院での感想や治療体験などを紹介しています。治療自体への不安や、どんな症状が良くなったのかを患者さん目線でごらんいただけます。

症状別

一覧

Vol.056:高齢だから治らない?10年来の坐骨神経痛が杖なし歩行もできるようになりました!』

私は、10年程、坐骨神経痛に悩まされてきました。好きなハイキングもできなくなり主婦としての日常生活にも支障をきたす程になっていました。何とか治そうと10年間努力はしてきたのですが、痛みと痺れは取れずに半ばあきらめの気持ちになり、かなり落ち込んでいました。

Vol.055:鈍痛とシビレでうずいていた患部から痛みが消えた!静岡から通院した甲斐が本当にありました!

私は、48歳のゴルフ好きな主婦です。今年の4月頃から腰が痛くなり、そのうちシビレがでてきたので整形外科で診てもらいました。軽度の椎間板ヘルニアと診断され、6ヶ月牽引に通院しましたが腰部、臀部、 大腿部の鈍痛とシビレが、まったく取れずにかえって痛みとシビレが激しくなってきたので通院を止めてしまいました。

Vol.053:6ヶ月のカイロ治療で20年間の腰痛の苦しみから解放されました!

48歳のときに椎間板ヘルニアの手術をしてからの20年間、腰から大腿部への痛みに苦しんできました。その間、整形外科に10年、鍼灸、中国鍼、 気功、整体、指圧、温泉、療養、などあらゆる治療を試みてきましたがあまり効果はありませんでした。痛みを抑えるための鎮痛剤と痛くて眠れないため睡眠薬はたえず常用してきました。

Vol.052:腰を痛めて約30年、両足大腿部のシビレは10年程前から、そんな辛い毎日とおさらばできました!

私は山や高原を歩き周って、植物や昆虫・野鳥・動物たちの生態系を調査したり、自然の美しさを子供たちに体験しながら学んでもらう仕事をしております。そんな私が腰を痛めて約30年。10年程前からは、両足大腿部のシビレが発生して、毎日が辛い自分との戦いでした。

Vol.051バスケ部での激しい練習による左足を引きずる痛みが良くなりました! 女性 バスケットボール部

わたしは、1年生の女子高生です。バスケット部に入って、毎日激しい練習に耐えてきましたが、5月の中旬頃から左足の脛がいたくなってきました。最初のうちは、冷シップで痛みが取れていたのですが、また直ぐに痛くなるので、整形外科で診てもらいました。先生の診断では、激しい練習が原因の脛骨過労性骨膜炎なので1ヶ月間練習を休んで見学していなさい。そうすれば治りますと言われて、シップ薬と軟膏を処方されて治療らしい治療は何もしてもらえませんでした。

アクセス

〒233-0015 横浜市港南区日限山2-1-33 日限山開成ビル3F

《最寄駅までの路線図》
【横浜市営地下鉄】
戸塚=舞岡=下永谷=上永谷=港南中央=上大岡

【神奈中バス】
上永谷駅=丸山台=丸山台中学校前=日限山

【江ノ電バス】
戸塚駅=東戸塚小学校入口=吉田町=日立和敬寮前=熊の堂=道岐橋=桜堂=スポーツ公園前=日限山=丸山台中学校前=丸山台=上永谷駅

診療時間

平日 9:00~19:00
土曜日 9:00~17:00
祝日 9:00~14:00
定休日:日曜日・年末年始

↑ PAGE TOP